パソコンで作る手書き年賀状。

我が家の年賀状は、自分で描いたイラストをパソコンに取り込んで作ります。
筆書きで輪郭を描き、色鉛筆で着色したイラストです。その年の干支や、鏡餅、かるた、羽子板など正月に纏わるイラストを組み合わせて作画します。
『あけましておめでとうございます』などの定型文も自筆で記入し、一緒にパソコンでレイアウトしています。レイアウトを調整して印刷した物に、さらに送る人に合わせたメッセージを記入しています。

たとえばこんなソフトとかは便利でしたよ⇒http://xn--3ckwa2bx99sbpquws4skwx4c.com/

送る相手は親戚、友人、職場関係、近所の方々などです。特に高齢の方から、手書きのイラストは喜ばれています。
私は小さい頃から絵が好きで、良く褒められるのですが、それでも決してプロのようなイラストは描けません。けれども自分でその時々に好きな物を書くことで、それが会話のきっかけになったり、喜ばれたりするのが遣り甲斐になっています。

また、パソコンのテンプレートで作る場合、子供の写真を載せるか、載せないかや
堅い雰囲気のデザインにするか、カジュアルな物にするか迷います。
以前は送る相手によって3通りのデザインに振り分けていました。

しかし、自分でイラストを描くようになってから、送る人を選ばず統一したデザインで済むので簡単です。目上の人でも友人でも、当たり障りのないイラストさえ描ければ、特に相手によって分ける必要がありません。

今年も年賀状作りが楽しみです。